ガジェットを開発する方々へ

Cerevo DASHは、ガジェット開発・販売を総合的にサポートするプラットフォームです。プロジェクトに賛同する支援者から支援を募り、
開発に必要な費用を得ることができるクラウドファンディングに加え、プロジェクトの立案から企画内容、製品の量産体制、
販売時の流通経路など、ガジェット開発の最初から最後までを充実したサポートで支援します。適切な業者様のご紹介や、
簡単なアドバイスまでは無償で実施致します。別途費用を頂くことで試作や開発そのものも承ることも可能ですので、
お気軽にご相談ください。

ロジェクト全体を通したサポート

プロジェクトを始めるには試作機および初期ロット生産のためのコストを計算した上で目標金額を設定する必要がありますが、
そのためには設計や機構に関するノウハウはもちろん、試作機開発のコストや小ロットでの生産を受けてくれる工場選び、
さらには発売時のパッケージや各種保険といったコストをすべて計算し、総合的な費用を算出しなければいけません。
そのため目標設定には機器開発・販売のノウハウが必要不可欠です。

Cerevo DASHでは試作機を作る際の機構設計・部品選びなどのアドバイス、試作機を1台から制作いただける工場のご紹介など、
プロジェクト金額を決定するまでの流れからサポートを行います。また、目標としていた支援金が集まった後(プロジェクト成立後)、
プロジェクトが量産フェーズへと移行する際に困ることがないよう、量産時を見据えた部品選定、筐体設計、取得すべき認証の費用や
取得するためのプロセス、各種保険など、トータルでのアドバイスを行います。

※簡単なアドバイスおよび適切な業者のご紹介までは無償とし、実作業が発生するサポートについては別途費用が必要になります。
詳細についてはプロジェクトによて異なるため、プロジェクトを投稿頂く際にどういった支援が必要かご相談ください。

画立案のサポート

Cerevo DASHではプロジェクトの企画内容についてのサポートを行います。
設定金額を達成するために妥当なリターン項目の設定、掲載する文章や写真、動画のアドバイス、プロジェクトの設定期間など、
プロジェクト達成に向けたアドバイスを行います。

Kickstarterへの共同プロジェクト出展

2012年3月現在、米国のクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にプロジェクトを投稿するには米国の法人
または米国在住の個人でなければ行うことができません。プロジェクトの内容によってはCerevoの米国法人である
Cerevo USAと共同での投稿という形で、Kickstarterへの投稿支援を行うことも可能です。どんなプロジェクトでもというわけには参りませんが、
興味のある方はぜひご相談ください。

立後の生産サポート

ガジェット開発はプロジェクト成立後が本番です。プロジェクト立案時に計画した内容の達成はもちろん、
具体的な設計や製品の量産化に向けてはさらに多くの作業やノウハウが必要になります。
電気設計、機構設計、ソフトウェア設計などさまざまな分野でのご支援が可能ですので、ぜひご相談ください。

品の販売サポート

プロジェクトを支援してくれた方々へのリターンが終了し、一般向けへ販売する際の販売ルートについてもCerevo DASHがお手伝いいたします。
家電量販店やオンラインショップなどガジェットに応じた販売ルートを紹介することも可能です。
Cerevo DASHはプロジェクト成立後に、製品を量産する際の工場紹介、販売時に取得しておくべきライセンスのほか、
製品発売時の不良品交換対応、ユーザーサポート対応、発送業務、パッケージや説明書類の用意など、
実際に製品を販売するまでの過程をサポート。法的に重点を置くべき箇所についても適宜アドバイスを行なっていきます。

ブルブランド・量産

Cerevo DASHでのプロジェクト成立後、プロジェクトオーナー様が望めばCerevoブランドの商品として
Cerevoが販売・マーケティングを代行して広く商品をプロモーション・販売する「ダブルブランド量産」を行います。
Cerevoが販売・展開が可能な商品に限らせていただくため全てのプロジェクトが対象となるわけではありませんが、
ご自身で広く商品を展開して行こうとお考えではない方は是非ご相談ください。
オーナー様のお名前を商品のパッケージやマニュアルに含めること、商品の売上の一部をオーナー様とCerevoで
レベニューシェアさせて頂くことが特長です。Cerevoの米国法人を通じた国際展開も可能です。

プロジェクトを投稿する 戻る